スムージーOEMの費用について詳しく解説!

スムージーのOEM(製造)にあたってよく聞かれるのが「いくら位で製造できますか?」という質問です。

配合成分・剤形・内容量などによって費用は異なるため、すぐにはお伝えできないのでまずはお見積りのご依頼をしていただくことをおすすめしております。

ただ、価格に関わる重要な部分がいくつかございます。

そのため、今回は粉末スムージーにかかる費用を説明していきます。こちらを読んでスムージーOEMに関わる費用をざっくりと掴んでいただければと思います。

また、ご質問などございましたらお気軽にご連絡ください!

簡単お問合せ

粉末スムージーOEMにかかる費用

粉末スムージーにかかる費用は大きくわけると以下の4つになります。

スムージーにかかる費用

基本的には製品にかかる費用が①〜③、初期費用にかかる費用が④となります。
(初期費用は最初の製造のみにかかる費用)

①製造費

工場

製造費とは「工場で製品を作る際にかかる費用」のことです。

粉末スムージーを作るとき際の工程は簡単にまとめるとこのようになります。

原料計量→原料混合→充填(粉末を袋に詰める)→口留め→商品のチェック→梱包

また、アルミ袋にラベルを貼る際は「シール貼りの工程」が増えたり、個包装にする際は「箱詰め」の費用がかかったりします。

1つあたりの費用は「製造費や人件費÷製造量」となるため、製造量が少ないほど費用は割高となります。

弊社の場合、最低製造数は200kgとなります。(200gのスムージーの場合1,000袋から)

それが、500kg(2,500袋)、1,000kg(5,000袋)に増えていけば1つあたりの価格はどんどんと安くなっていきます。

②原料費

原料

原料費とは「スムージーOEMに関わる原料の費用」です。

これは配合する原料や量によって大きく関わるため、スムージーOEMにかかる費用で最も重要となります。

スムージーによく配合されている食物繊維や大麦若葉はあまり高くはないのでさほど価格に影響はしないのですが、ビタミンや美容成分などの原料を配合するとその分価格は上がっていきます。

そのため、下代を想定していただけるとスムーズに製造まで進んでいきます。

③資材費

資材

資材費とは「製品に関わる袋・ラベル・箱などの費用」です。

スムージーOEMによく使われる資材は、チャック袋・クラフト袋・ラベル・箱などになります。

初期費用が安く抑えられるのは、袋+ラベル貼りです。ラベルの場合、1,000枚から製造が可能。

袋に印刷を施す場合は、5,000枚以上の製造となるので初期費用が高くなります。しかし、1商品にかかる資材費は、袋+ラベル貼りに比べて安くなります。

健康食品の販売が初めての場合は、袋+ラベル貼りがおすすめです。

④その他

その他の費用としてかかるのは、栄養分析費用・試作費などです。

栄養分析費用は、基本的な栄養分析(水分、たんぱく質、脂質、灰分、炭水化物、エネルギー、食塩相当量(ナトリウム)で20,000円位です。(参考価格 日本食品分析センター)

また、かける分析が増えればその分価格が上乗せとなります。

これらは初回にかかる費用のため、次回からはかからない費用となります。

詳しくはこちら:OEMの際に製品以外にもかかる費用とは?

スムージーOEMにはいくらかかるの?

では、スムージーOEMはいくらかかるのでしょうか。

ざっくりとなりますが、いくつか例を挙げておきます。

美容系スムージー

プロテインスムージー

簡単!すぐに問い合わせ!

スムージーOEMにかかる費用をイメージーしていただけましたでしょうか。

製造内容によって費用は大きく変わるため、お気軽にお見積りのご相談ください。

弊社の営業からすぐにご返信させていただきます!

簡単お問合せ